芙蓉軒 [韓国観光品質認証](부용헌 [한국관광 품질인증/Korea Quality])

説明

芙蓉軒は全州韓屋村内にあります。正確に言えば、全州郷校(儒教教育機関)と塀を挟んで隣り合っています。路地向かいには全州郷校文化館と完板本文化館があり、もう少し歩いていくと様々な公演や文化体験、食体験を提供する全州寒碧文化館があります。梧木台は芙蓉軒の庭から見え、全州川を渡れば国立無形遺産院があります。
芙蓉軒の始まりは、全州郷校と深く関わっています。1935年頃、この地域の官僚が集まって郷校周辺に韓屋12軒を建て、それぞれ分け合って住むようになり、そのほとんどが富裕な家柄の出身でした。この集団住宅を芙蓉住宅と呼んでいたため、芙蓉軒の名前はここから来ています。芙蓉軒の客室は縁側部屋、板の間部屋、板の間(大)部屋、クンサランチェで構成されます。客室はミニマルな内装ですっきりしており、余白の美が感じられます。前もって予約すれば真心を込めて朝食をご用意します。伝統礼節教育、韓紙工芸などの伝統文化体験もできます。 秋になると全州郷校のイチョウが黄色く染まり、芙蓉軒の屋根の上を華やかに彩ります。全州川沿いに歩いてもいいですし、韓屋村の上の方にある滋満壁画村でカラフルな壁画やカフェをバックに写真を撮るのも楽しいでしょう。全州駅からタクシーで15分、全州高速ターミナルから10分ほどかかります。


お問い合わせ

イ・ソクチェ氏 +82-10-8646-0964


ご利用案内

収容人数 : 35人

入室時間 : 14:00

チェックアウト時間 : 11:00

客室内ケータリング : 不可

お問い合わせおよびご案内 : +82-10-8875-8587

駐車場施設 : 可(11台、近くの共用駐車場も利用可能)

ピックアップサービス : 不可

部屋の数 : 9室

予約案内 : +82-10-8875-8587

予約案内ホームページ : http://www.buyongheon.com/buyongheon/board.php?board=buyong2&config=1&command=body

規模 : 平屋(150.32m²)




位置

全羅北道 全州市 完山区 郷校キル 149-3 (교동)