恥岩古宅[韓国観光品質認証](치암고택[한국관광품질인증/Korea Quality])

  • 恥岩古宅[韓国観光品質認証](치암고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 恥岩古宅[韓国観光品質認証](치암고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 恥岩古宅[韓国観光品質認証](치암고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 恥岩古宅[韓国観光品質認証](치암고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 恥岩古宅[韓国観光品質認証](치암고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 恥岩古宅[韓国観光品質認証](치암고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 恥岩古宅[韓国観光品質認証](치암고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 恥岩古宅[韓国観光品質認証](치암고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 恥岩古宅[韓国観光品質認証](치암고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 恥岩古宅[韓国観光品質認証](치암고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 恥岩古宅[韓国観光品質認証](치암고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 恥岩古宅[韓国観光品質認証](치암고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 恥岩古宅[韓国観光品質認証](치암고택[한국관광품질인증/Korea Quality])

説明

「恥岩古宅(チアムコテク)」は慶尚北道安東市(アンドンシ)安幕洞(アンマクドン)にある、朝鮮時代の儒学者・退渓(テゲ)李滉(イ・ファン)先生の11代子孫で、朝鮮時代末期の王・高宗(コジョン)の時代に彦陽県監や弘文館校理を務めた恥岩・李晩鉉(イ・マンヒョン)の古宅です。
元々、同じ安東市の陶山面(トサンミョン)遠村里(ウォンチョンリ)に建てられた建物でしたが、安東ダム建設による水没地域になったことから、1976年にこの地に移築しました。

恥岩古宅は本棟の建物が22間の規模の瓦屋根の韓屋で、5間の幅の高柱の大門や外棟があります。母屋より舎廊(サラン)チェが大きく、舎廊チェの建物の左右が切妻屋根と入母屋屋根の特異な形態となっており、韓屋の美しさを一層引き立ています。

恥岩古宅は慶尚北道民俗資料第11号に指定され、現在は古宅を体験できる宿泊施設として一般開放されています。
誠明斎(ソンミョンジェ)、敬業斎(キョンオプチェ)、楽聖堂(ナクソンダン)などの舎廊チェを利用できますが、大きな部屋がある外棟には台所もあり、テレビやエアコン、そしてトイレも完備しています。

誠の嘘のない心を持つという意味を名前がついた誠明斎(ソンミョンジェ)は典型的な韓屋の部屋で、舎廊房のオンドルの焚口に近い部屋で冬はたいへん暖かく快適です。
また舎廊房の奥の方の部屋で、欲を捨て常に敬虔な姿勢を保つという意味の名称がついた敬業斎(キョンオプチェ)はお客様に人気の部屋です。
門間チェの日乾斎(イルガンジェ)や夕惕斎(ソクチョクチェ)、学求斎(ハックジェ)は 恥岩古宅の入口に一番近い、古宅の内と外を分ける境目の部分に建っている建物であることから、韓屋の周りの風景と古宅内部の美しさが同時に味わえる絶好の位置にある部屋です。
そして本棟東側にある潜龍塘(チャムニョンダン)はこの古宅にある小さな池の名前で、空を飛ぶ龍の如く、聖人君子となれるよう絶え間ない努力をしなければならないという意味が含まれています。

こぢんまりとした庭園にさまざまな花や草花が美しく咲き、あたり一面緑の山々と古宅が素晴らしい調和をなしているところで、散策すると心も落ち着き、同時に歴史体験もでき大変素晴らしい宿泊場所となっています。


お問い合わせ

チャン・ボクス氏 +82-10-3530-4413、+82-54-858-4411


ホームページ

http://www.chiamgotaek.com(韓国語)


ご利用案内

収容人数 : 40人

入室時間 : 15:00

チェックアウト時間 : 11:00

客室内ケータリング : 不可

飲食 : なし

お問い合わせおよびご案内 : +82-10-3530-4413、+82-54-858-4411

駐車場施設 : あり

ピックアップサービス : 不可

部屋の数 : 10室

予約案内 : 可(電話 +82-10-3530-4413、+82-54-858-4411またはホームページ)

予約案内ホームページ : http://www.chiamgotaek.com(韓国語)

規模 : 平屋




位置

慶尚北道 安東市 退渓路297-10 (安幕洞)