玉淵精舎[韓国観光品質認証](옥연정사 [한국관광품질인증/Korea Quality])

  • 玉淵精舎[韓国観光品質認証](옥연정사 [한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 玉淵精舎[韓国観光品質認証](옥연정사 [한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 玉淵精舎[韓国観光品質認証](옥연정사 [한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 玉淵精舎[韓国観光品質認証](옥연정사 [한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 玉淵精舎[韓国観光品質認証](옥연정사 [한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 玉淵精舎[韓国観光品質認証](옥연정사 [한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 玉淵精舎[韓国観光品質認証](옥연정사 [한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 玉淵精舎[韓国観光品質認証](옥연정사 [한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 玉淵精舎[韓国観光品質認証](옥연정사 [한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 玉淵精舎[韓国観光品質認証](옥연정사 [한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 玉淵精舎[韓国観光品質認証](옥연정사 [한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 玉淵精舎[韓国観光品質認証](옥연정사 [한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 玉淵精舎[韓国観光品質認証](옥연정사 [한국관광품질인증/Korea Quality])

説明

安東(アンドン)河回村・玉淵精舎(オギョンチョンサ)は西厓(ソエ)・柳成龍(リュ・ソンニョン)(1542~1607)が日ごろ親交のあった僧侶・誕弘(タンホン)の援助を受け建てたもので、学問を究め弟子を養成する所でした。

西厓・柳成龍先生は遠志精舎(ウォンジチョンサ)を建てた後、人々が住む村に近く騒々しく奥ゆかしい雰囲気が感じられないとして、川向こうの芙蓉台(プヨンデ)の麓の土地を手に入れ建物を建てようとしましたが、暮らし向きがよくなく精舎を建てることが出来ませんでした。
そのことを知った親交のある僧侶・誕弘が、建物の建築を引き受け資金面でも援助することを申し出、1576(宣祖9)年に着工し10年かけて西厓・柳成龍先生が45歳の時である1586(宣祖19)年にようやく完工しました。

先生はその後、芙蓉台(プヨンデ)の西側の麓にある兄(謙菴・柳雲龍先生)の亭子(東屋)である謙菴精舎(キョマムチョンサ)を芙蓉台の崖の縁に作った細いの道を歩いて行き来し、兄弟の情を深めたといいます。

そして1605(宣祖38)年、洛東江(ナクトンガン)の大洪水により河回にあった3間の広さの草葺の家屋を失いこの精舎に隠居、壬辰の乱(日本で言う「文禄・慶長の役」)を回顧し懲毖録(国宝132号)を書き上げました。

玉淵精舎の洗心斎(セシムジェ)の建物は瞰録軒(カムロクホン)と名付けられた板の間を中心に左右に1部屋がある西厓・柳成龍先生が朝鮮時代に基礎教育を行っていた学校・書堂(ソダン)として使っていた建物です。書堂には周経の繋辞の中にある「意或従事於斯 以庶幾萬一爾(ここに心を置き、万に一つでも叶うことを望む)」という一文の意味が込められています。そして瞰録軒と名付けられた板の間は中国の書家・王義之の「頭をもたげ青い空を仰ぎ、下へは青い水を頭を垂れ眺める」という詩から付けられたものです。

遠楽斎(ウォルラクチェ)の建物は西厓・柳成龍先生がこの部屋に起居し懲毖録を書き上げた場所です。友人の来訪を待つという意味を持つ遠楽斎ですが、この名称は論語の中にある「朋有り遠方より来たる、また楽しからずや」という一文から付けられたものです。そして2間の広さの板の間・愛吾軒は陶淵明の「吾亦愛吾廬(吾もまた吾が庵を愛す) 」 という詩から名付けられたものです。


お問い合わせ

イ・ヘヨン氏 +82-10-4520-3640


ホームページ

http://www.okyeon.co.kr(韓国語)


ご利用案内

収容人数 : 12人

入室時間 : 15:00

チェックアウト時間 : 11:00

客室内ケータリング : 不可

飲食 : なし

お問い合わせおよびご案内 : +82-54-854-2202, +82-10-4520-3640

駐車場施設 : あり

ピックアップサービス : 可能(要事前問合せ)

部屋の数 : 3室

予約案内 : +82-54-854-2202, +82-10-4520-3640
※ 客室料金は変更されることがあります。詳しい客室料金は宿泊施設に直接お問合せください。

予約案内ホームページ : http://www.okyeon.co.kr

部屋のタイプ : オンドル

規模 : 約1653平方メートル




位置

慶尚北道 安東市 豊川面 広徳ソルパッキル 86 (豊川面)