昌室古宅[韓国観光品質認証](창실고택 [한국관광 품질인증/Korea Quality])

  • 昌室古宅[韓国観光品質認証](창실고택 [한국관광 품질인증/Korea Quality])
  • 昌室古宅[韓国観光品質認証](창실고택 [한국관광 품질인증/Korea Quality])
  • 昌室古宅[韓国観光品質認証](창실고택 [한국관광 품질인증/Korea Quality])
  • 昌室古宅[韓国観光品質認証](창실고택 [한국관광 품질인증/Korea Quality])
  • 昌室古宅[韓国観光品質認証](창실고택 [한국관광 품질인증/Korea Quality])
  • 昌室古宅[韓国観光品質認証](창실고택 [한국관광 품질인증/Korea Quality])
  • 昌室古宅[韓国観光品質認証](창실고택 [한국관광 품질인증/Korea Quality])

説明

松韶(ソンソ)古宅の沈琥澤(シム・ホテク)が分家する弟のために建てた韓屋がこの昌室(チャンシル)古宅です。
およそ100年前の1917年3月に建てられた昌室古宅は母屋、主人の居間として使う舎廊(サラン)チェ、そしてその他建物が中庭を囲むように建てられた27間の大きさを誇る韓屋です。慶尚南道昌寧(チャンニョン)から嫁入りした娘から由来しこの韓屋に「昌室」という名前がつき、今日に至り「昌室古宅」と呼ぶようになりました。
この韓屋は母屋と主人の居間として使う舎廊チェが並行になった配置になっており、その間に書庫と納戸を置きつなげ中庭を囲むような形の韓屋になっています。
古宅に入るとまず最初に見えるのが舎廊チェで、戸をすべて開けるとすっきり中が見通せる室内が広い板の間があり、その左右に主人の居間となる舎廊房(サランバン)や書庫があります。舎廊房は2間あり、比較的広々としています。舎廊チェの建物と屋根続きになりますが、造りがやや低めの切妻屋根の建物・行廊チェはここに住んでいた使用人・作男が住んでいた建物です。この他、藁葺の韓屋は黄土で造られた部屋でここも貸出を行っており宿泊可能です。


お問い合わせ

チェ・ジョムスン氏 +82-10-8509-2436


ホームページ

https://changsil.modoo.at/(韓国語)


ご利用案内

収容人数 : 18人

入室時間 : 15:00

チェックアウト時間 : 11:00

客室内ケータリング : 不可

飲食 : あり(茶室)

お問い合わせおよびご案内 : +82-54-872-2436、+82-10-8509-2436

駐車場施設 : あり

ピックアップサービス : 可能(青松ターミナル)

部屋の数 : 6室

予約案内 : 可能(+82-54-872-2436、+82-10-8509-2436)




位置

慶尚北道 青松郡 巴川面 松韶古宅キル 39 (巴川面)