(株)山には花が咲く[韓国観光品質認証]((주)산에는 꽃이피네[한국관광 품질인증/Korea Quality])

  • (株)山には花が咲く[韓国観光品質認証]((주)산에는 꽃이피네[한국관광 품질인증/Korea Quality])
  • (株)山には花が咲く[韓国観光品質認証]((주)산에는 꽃이피네[한국관광 품질인증/Korea Quality])
  • (株)山には花が咲く[韓国観光品質認証]((주)산에는 꽃이피네[한국관광 품질인증/Korea Quality])
  • (株)山には花が咲く[韓国観光品質認証]((주)산에는 꽃이피네[한국관광 품질인증/Korea Quality])
  • (株)山には花が咲く[韓国観光品質認証]((주)산에는 꽃이피네[한국관광 품질인증/Korea Quality])
  • (株)山には花が咲く[韓国観光品質認証]((주)산에는 꽃이피네[한국관광 품질인증/Korea Quality])
  • (株)山には花が咲く[韓国観光品質認証]((주)산에는 꽃이피네[한국관광 품질인증/Korea Quality])
  • (株)山には花が咲く[韓国観光品質認証]((주)산에는 꽃이피네[한국관광 품질인증/Korea Quality])
  • (株)山には花が咲く[韓国観光品質認証]((주)산에는 꽃이피네[한국관광 품질인증/Korea Quality])
  • (株)山には花が咲く[韓国観光品質認証]((주)산에는 꽃이피네[한국관광 품질인증/Korea Quality])
  • (株)山には花が咲く[韓国観光品質認証]((주)산에는 꽃이피네[한국관광 품질인증/Korea Quality])
  • (株)山には花が咲く[韓国観光品質認証]((주)산에는 꽃이피네[한국관광 품질인증/Korea Quality])
  • (株)山には花が咲く[韓国観光品質認証]((주)산에는 꽃이피네[한국관광 품질인증/Korea Quality])

説明

全羅南道羅州(ナジュ)市の「トレ韓屋村」は高麗時代から続く村で、村の至るところに文化財に指定された韓屋がある古きよき伝統を継承・保存してきた村です。この韓屋村の「山には花が咲く(サネヌン・コチ・ピネ)」は地方文化財に指定された「洪起昌家屋」や国の文化財に指定された「洪起膺家屋」に挟まれる形で建っている築100年を越える韓屋です。1917年に建てられた韓屋で、釘を一本も使わず厳選した木材のみを使って建てられたといわれています。

この韓屋はここで生まれ育ったオーナーが大事に管理しています。2011年に宿泊を目的に改修工事に着手、2013年から宿泊施設として営業を始めました。2014年に再度韓屋の隅々まで手を入れ、改修をしています。この過程で古い扉の一部を交換しましたが、それを捨てずに中庭のテーブルに作り変えて再活用、中庭の雰囲気に特別な趣を与えています。また建てた当時からある年季の入った縁側は昔の姿そのままにしてあります。芝の中庭には樹齢60年を越えるカエデの木が長い歳月を経て来たことを物語るかのように趣のある姿で立っており、さらに小さな木々があちこちにあって、すばらしい自然の香りを感じることができます。また韓屋の前に広がる山々の姿はすばらしいものがあります。

「山には花が咲く」には4つの部屋があり、各客室とも最大3~4人まで利用できます。各部屋にはキッチンやトイレがあり、エアコン・テレビ・洗面用具・食器などが完備しており便利です。また断熱材を補修工事の際に入れ、夏は暑すぎず、冬は寒すぎない環境をつくっています。美しい韓紙や昔使った小物などで部屋のインテリアにも気を使い、韓屋ならではの趣ある造りとなっています。オーナーの心細やかなおもてなしの心が見え隠れするそんな韓屋です。

広々とした芝の中庭の片隅にはつややかな石が敷き詰められ趣がありますが、これはオーナーの父親が3年がかりで造り上げたとのことです。中庭にはそれぞれの客室の宿泊客が利用できるよう野外テーブルが置かれています。清潔さ、そして真心を大切にするオーナーの気配りのせいか、全体的に整理整頓が行き届き、ゆったりとした雰囲気がする韓屋です。

韓屋の前には羅州市が作った散策路があり、傍らにはオーナーが耕した家庭菜園もあります。中庭にはヒョウタンやヘチマが生っており、裏山にはどんぐりの木が生い茂っています。また、車ですぐの所に羅州山林資源研究所内にある羅州メタセコイアの道があり、山林浴も可能です。

さらに「山には花が咲く」のすぐそばには文化財となっている韓屋が数多くあり、ぐるっと巡ってみるものおすすめです。これ以外にも村には文化財が多く、週末にはオーナー自ら村内をガイドしてくれます。周辺には仏会寺、羅州郷校などもあり、宿に来る道すがら、あるいは帰路の途中で見学してみるのもいいでしょう。


お問い合わせ

ホン・ジュヨン氏 +82-10-4612-4232、+82-10-3641-4232


ホームページ

http://sane.modoo.at(韓国語)


ご利用案内

収容人数 : 11人

入室時間 : 15:00

チェックアウト時間 : 11:00

客室内ケータリング : 可

飲食 : あり

お問い合わせおよびご案内 : +82-10-4612-4232、+82-10-3641-4232

駐車場施設 : あり

ピックアップサービス : 不可

部屋の数 : 4室

予約案内 : 可(+82-10-4612-4232、+82-10-3641-4232)

付帯施設(その他) : カフェ兼セミナー室




位置

全羅南道 羅州市 茶道面 トンニョクキル20-1