忠烈祠と亀甲船(충렬사와 거북선)

  • 忠烈祠と亀甲船(충렬사와 거북선)
  • 忠烈祠と亀甲船(충렬사와 거북선)
  • 忠烈祠と亀甲船(충렬사와 거북선)
  • 忠烈祠と亀甲船(충렬사와 거북선)
  • 忠烈祠と亀甲船(충렬사와 거북선)
  • 忠烈祠と亀甲船(충렬사와 거북선)
  • 忠烈祠と亀甲船(충렬사와 거북선)
  • 忠烈祠と亀甲船(충렬사와 거북선)
  • 忠烈祠と亀甲船(충렬사와 거북선)
  • 忠烈祠と亀甲船(충렬사와 거북선)
  • 忠烈祠と亀甲船(충렬사와 거북선)
  • 忠烈祠と亀甲船(충렬사와 거북선)
  • 忠烈祠と亀甲船(충렬사와 거북선)

説明

李舜臣(イ・スンシン)将軍を祀る南海(ナメ)忠烈祠(チュンニョルサ)。ここ南海忠烈祠には、李舜臣(イ・スンシン)将軍が殉国後、およそ三か月の間、遺体が安置された仮墓がいまだ残っているのが大きな特徴の祠堂です。
1598年11月19日にこの世を去った忠武公(チュンムゴン)李舜臣将軍の遺体は、忠烈祠のある場所に仮安置され、約3か月後の1599年2月11日には全羅南道の古今島(コグムド)を経て、少年期を過ごしたこともある母方の故郷・京畿道(キョンギド)牙山(アサン)の忠烈祠に移葬されました。 ここ南海忠烈祠の歴史は、李舜臣将軍がこの世を去った34年が過ぎた1633年に一間の草舎を建立し祭祀を行ったことから始まります。


* 聖雄・忠武公李舜臣将軍の仮墓
聖雄・忠武公李舜臣将軍は、三道水軍統制使として壬辰倭乱(日本で言う「文禄・慶長の役」)の露梁海戦に参戦、しかし1958年11月19日ここ慶尚南道海南郡の観音浦(クァヌムポ)沖で殉国してしまいます。
忠武公の遺体は観音浦に運ばれ、古今島を経て牙山忠烈祠へ改葬される前までの3か月間現在のここ南海忠烈祠の場所に仮安置されました。その仮墓が現在でも南海忠烈祠に残っています。

* 忠武公碑・忠愍公碑
南海忠烈祠は規模が統営(トンヨン)忠烈祠などと比べ大変小さいものですが、1973年6月11日、史跡第233号に指定され保護されています。朝鮮時代の文臣で学者であった尤庵(ウアム)宋時烈(ソン・シヨル)が建立し、文臣で学者・書芸家であった宋浚吉(ソン・ジュンギル)が揮毫した李忠武公墓碑と祠宇(サウ・祠堂)、そして忠武公碑と忠愍公碑(チュンミンゴンビ)、内三門、外三門があり、また清海楼(チョンヘル)や将軍の仮墓もよい状態で残されています。

* 亀甲船
南海大橋を渡り、桜のトンネルを抜け露梁村(ノリャンマウル)へ下っていくと、忠武公李舜臣が観音浦で戦死した後、遺体を仮安置した場所・忠烈祠とその前の海に浮かんでいる実物大の亀甲船(コブクソン)が目に入ってきます。
忠烈祠前の露梁の海に浮かぶ亀甲船は、およそ20年前、イ・ヒスン氏など学者の考証により、本来の大きさで復元されました。 この亀甲船は元々、鎮海(チネ)士官学校にありましたが、1999年12月ここ南海へ持ってきました。亀甲船内には天字銃筒(チョンジャチョントン)、地字銃筒(チジャチョントン)、玄字銃筒(ヒョンジャチョントン)など様々な武器や当時の姿を再現した模型があり、歴史を体験できる場としても大いにその役割を果たしている施設です。


ホームページ

http://tour.namhae.go.kr(日本語あり)
http://www.cha.go.kr (日本語あり)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-55-860-8636

駐車場施設 : 駐車可能

休みの日 : [亀甲船] 毎週月曜日

利用時間 : [亀甲船]
夏期(3~10月) 9:00~18:00
冬期(11~2月) 9:00~17:00


詳細情報

入場料
* 忠烈祠:無料
* 亀甲船
個人 - 大人 1,000ウォン / 青少年 800ウォン / 子ども 500ウォン
団体(20人以上) - 500ウォン
※ 満65歳以上無料

駐車料金
無料

トイレ
あり

位置

慶尚南道 南海郡 雪川面 露梁路183番キル 27