[名品古宅]金環洛地穀田斎([명품고택]금환락지곡전재)

説明

[名品古宅]金環落地 穀田斎

金環落地 穀田斎は、昇州(スンジュ)地域に住んでいた「7千石の富豪、パク・スンリム」が10年以上もの歳月を掛けて探し出した良地に建てた朝鮮時代の韓屋です。建築を手伝った「穀田・李敎臣」は、当時建築の管理を委任されており、パク・スンリムが亡くなった後、今の古宅を受け継ぎました。その後、この古宅は、星州・李氏の文烈公派家門が代々受け継ぐようになり、24代目となる現在も伝統をしっかり守り続けています。

風水学的に最も良い土地として認められている穀田斎には、より良い土地にするための様々な工夫が凝らされています。特に、東行廊と楼閣の春海褸の横に広がる蓮池は背山臨水を再現するためのもの。この蓮池は、智異山の麓を流れる水に繋がっており、中間廊とサランチェ(別棟)の間にある中庭にも2筋に分かれて流れ込んでいます。蓮池の横から始まり、家の裏側に続く竹林を作ったのも、山から遠く離れた穀田斎を風水地理思想に基づいて、よりよく再現したものだと言えるでしょう。

計7棟56間で構成される穀田斎は、1920年代に建てられたアンチェ(母屋)とサランチェ(別棟)そして、ソハンレン棟、1998年に復元された東行廊とチュンガン棟、2009年以降、新しく建てられたセシム堂、ティッチェ(アシ部屋)などが整備されています。全て「-」字型の韓屋ですが、アンチェと東行廊、チュンガン棟は「□」字の構造になっています。


お問い合わせ

イ・スンベク +82-10-5625-8444, +82-10-6258-8444


ホームページ

www.gokjeonjae.com (韓国語)


ご利用案内

収容人数 : 60人

入室時間 : 11:00

チェックアウト時間 : 11:00

客室内ケータリング : 可

お問い合わせおよびご案内 : +82-10-5625-8444、+82-10-6258-8444

ピックアップサービス : 可(求礼ターミナル、求礼駅)

部屋の数 : 6棟 11室

予約案内 : +82-10-5625-8444、+82-10-6258-8444

予約案内ホームページ : www.gokjeonjae.com




位置

全羅南道 求礼郡 土旨面 穀田斎ギル 15-2 (土旨面)