慶熙宮 興化門(경희궁 흥화문)

  • 慶熙宮 興化門(경희궁 흥화문)
  • 慶熙宮 興化門(경희궁 흥화문)
  • 慶熙宮 興化門(경희궁 흥화문)
  • 慶熙宮 興化門(경희궁 흥화문)
  • 慶熙宮 興化門(경희궁 흥화문)
  • 慶熙宮 興化門(경희궁 흥화문)
  • 慶熙宮 興化門(경희궁 흥화문)
  • 慶熙宮 興化門(경희궁 흥화문)
  • 慶熙宮 興化門(경희궁 흥화문)
  • 慶熙宮 興化門(경희궁 흥화문)
  • 慶熙宮 興化門(경희궁 흥화문)
  • 慶熙宮 興化門(경희궁 흥화문)
  • 慶熙宮 興化門(경희궁 흥화문)

説明

慶熙宮(キョンヒグン)興化門(フンファムン)は朝鮮時代の光海君8(1616)年に建立された慶熙宮の正門です。 慶熙宮は建立当初、慶徳宮(キョンドックン)と呼ばれ、景福宮(キョンボックン)を北闕(プックォル=北の王宮の意)、昌徳宮(チャンドックン)を東闕(トングォル)と別名呼んでいたことから、西闕(ソグォル)とも呼ばれていました。
元々この場所には朝鮮時代の第16代の王・仁祖(インジョ・1595~1649年)の実父で第14代の王・元宗(ウォンジョン・1580~1619年)が王位に就く前に暮らしていた潜邸がありましたが、第15代の王・光海君(クァンヘグン・1575~1641年)がこの潜邸の場所が風水地理でいう王を誕生させる王気が集まる土地と信じ、この家を奪い、新たに慶徳宮を建立するに至りました。
日帝強占期の1910年には慶熙宮を取り壊し、京城中学校(現在のソウル高等学校の前身)を設立しました。この時、興化門は残されましたが、1932年、安重根(アン・ジュングン)義士が暗殺した伊藤博文の祠堂・博文寺の正門として移築されました。
1979年、新羅ホテルが博文寺があったソウル特別市中区(チュング)奨忠洞(チャンチュンドン)にオープンし、一時、新羅ホテルの正門として使われましたが、1988年再び現在の地に移築されました。
なお慶熙宮は1986年にソウル市により公園として開放されています。


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-2-724-0274~6


位置

ソウル特別 鐘路区 セムンアン路 55