丹斎・申采浩先生生家址(단재 신채호선생생가지)

  • 丹斎・申采浩先生生家址(단재 신채호선생생가지)
  • 丹斎・申采浩先生生家址(단재 신채호선생생가지)
  • 丹斎・申采浩先生生家址(단재 신채호선생생가지)
  • 丹斎・申采浩先生生家址(단재 신채호선생생가지)
  • 丹斎・申采浩先生生家址(단재 신채호선생생가지)
  • 丹斎・申采浩先生生家址(단재 신채호선생생가지)
  • 丹斎・申采浩先生生家址(단재 신채호선생생가지)
  • 丹斎・申采浩先生生家址(단재 신채호선생생가지)

説明

丹斎・申采浩先生生家址は独立運動家であり言論人・歴史家でもあった丹斎(タンジェ)申采浩(シン・チェホ、1880~1936年)先生が生まれて8歳まで幼少期を過ごしたところです。
申采浩先生はここトリミ村で申光植(シン・グァンシク)の次男として生まれ、幼い時に父を亡くしその後忠清北道清原(チョンウォン)に引越しました。
19歳になると成均館に入学、26歳で成均館で博士となりました。
1905年の乙巳条約(日本で言う「第二次日韓協約」)の後、日本の植民統治に対抗し言論を通じた民衆啓蒙運動や民族意識鼓吹のための言論活動を展開しました。
一方、抗日秘密団体である新民会事件に関与し1910年ロシア・ウラジオストクに亡命、独立運動を展開しました。
申采浩先生は1928年日本の警察に逮捕され、旅順監獄に収監され、57歳となった年の1936年2月1日獄死しました。



ホームページ

大田中区文化観光 http://tour.djjunggu.go.kr (韓国語)
文化財庁 http://www.cha.go.kr (韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 大田中区庁文化体育課(文化財) +82-.42-606-6281


位置

大田広域市 中区 丹斎路229番キル 47 (於南洞)