原州郷校(원주향교)

  • 原州郷校(원주향교)
  • 原州郷校(원주향교)

説明

高麗・仁宗(インジョン)の時代に賢儒の位牌を奉安・合祀し、地方に住む民の教育や教化のため創建された原州郷校(ウォンジュヒャンギョ)。
1422(世宗4)年に地方行政機関の長・監察使の下で担当する区域を治めた文官・牧使(モクサ)の申浩(シン・ホ)が重建、壬辰倭乱(日本で言う「文禄・慶長の役」)の時に全焼した後、1603(宣祖36)年に李澤(イ・テク)が大成殿を重建しました。
1609年、牧使・任就正(イム・チジョン)が明倫堂と東斎・西斎を復元し、1632(仁祖10)年には李培元(イ・ベウォン)が増築を行いました。
韓国戦争(1950-53年・休戦)の際、建物の一部が破壊され、現存する建物としては大成殿、明倫堂、西斎、三門などがあります。
大成殿には五聖、宋朝二賢、韓国の十八賢の位牌を祀っています。朝鮮時代には国から土地と典籍・労費などの支給を受け、教官1人が定員40人の教生を教えましたが、朝鮮時代末期の改革の甲午改革以降、新学制実施により教育的機能は失われ、それ以降は春・秋に儒教の先哲を祀る釈奠祭を行い、毎月1日と15日には焼香を行っています。
江原道文化財資料第98号に指定されており、郷校の運営は典校1人と掌議数人によって行なわれています。


ホームページ

原州文化観光 http://tourism.wonju.go.kr (日本語・韓国語・英語・中国語)
文化財庁 http://www.cha.go.kr(日本語・韓国語・英語・中国語)
原州郷校 http://wjhyanggyo.com/(韓国語)


ご利用案内

体験のご案内 : 郷校釈奠大祭(孔夫子忌日誕日記念行事)

お問い合わせおよびご案内 : 原州郷校 +82-33-764-8220


詳細情報

入場料
無料

位置

江原道 原州市 郷校キル 37-1 (明倫洞)