阿峴洞 煎(ジョン)路地(아현동 전골목)

  • 阿峴洞 煎(ジョン)路地(아현동 전골목)
  • 阿峴洞 煎(ジョン)路地(아현동 전골목)
  • 阿峴洞 煎(ジョン)路地(아현동 전골목)
  • 阿峴洞 煎(ジョン)路地(아현동 전골목)
  • 阿峴洞 煎(ジョン)路地(아현동 전골목)
  • 阿峴洞 煎(ジョン)路地(아현동 전골목)
  • 阿峴洞 煎(ジョン)路地(아현동 전골목)
  • 阿峴洞 煎(ジョン)路地(아현동 전골목)
  • 阿峴洞 煎(ジョン)路地(아현동 전골목)
  • 阿峴洞 煎(ジョン)路地(아현동 전골목)
  • 阿峴洞 煎(ジョン)路地(아현동 전골목)
  • 阿峴洞 煎(ジョン)路地(아현동 전골목)
  • 阿峴洞 煎(ジョン)路地(아현동 전골목)

説明

五日市が立つたびに欠かすことがなかった煎(ジョン)とマッコリ。
天幕で覆われ市が開かれると、市場の人々や市場を見に来る人々の空腹と喉を満たしてくれる場所がまさに天幕の下にあるおいしいお店でした。いまではスーパーなどの影響で五日市のような市が立つことは少なくなりましたが、地方ではいまでも五日市の日となればいつも市場の人手より2、3倍の人であふれ、まだまだ五日市の存在感はあります。

ソウルもそのような在来市場は少なくなりましたが、まだあちらこちらに点在しており、昔の五日市の面影を感じられるところが残っています。
五日市でなくてはならない、魚の切り身や野菜、肉などを小麦粉をまぶし衣をつけて焼いた煎(ジョン)やマッコリを天幕の下で提供する店が、在来市場の路地の片隅に必ずといっていいほどあり、懐かしい昔の人々の市場での姿をそこで再発見することもできるはずです。
 
阿峴洞(アヒョンドン)煎路地は市場の歴史と比べるとさほど長くはありませんが、現在店を開いている5軒の店のなかで一番歴史のあるお店は1990年代初頭に営業をはじめました。歴史は浅くても在来市場の風景の中で活気あふれる雰囲気をかもし出す煎路地は失ってはならない思い出の場所です。

価格もリーゾナブルで6,000ウォンの煎の盛り合わせ、そしてマッコリ4本を二人で楽しむとお腹も一杯になり気分もほろ酔い気分。14,000ウォンで思い出の在来市場の風景の中で現在の自分の姿を振り返ることが出来る場所として訪れる人々も多く、庶民の生活の歴史が息づいているとことでもあります。


ホームページ

i Tour Seoul http://www.visitseoul.net(日本語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 弘大入口観光案内所홍 +82-2-323-2240

駐車場施設 : 近隣駐車場利用


位置

ソウル特別市 麻浦区 クルレバン路9キル 17 (阿峴洞)