徳周寺(堤川)덕주사(제천)

  • 徳周寺(堤川)덕주사(제천)
  • 徳周寺(堤川)덕주사(제천)
  • 徳周寺(堤川)덕주사(제천)
  • 徳周寺(堤川)덕주사(제천)
  • 徳周寺(堤川)덕주사(제천)
  • 徳周寺(堤川)덕주사(제천)
  • 徳周寺(堤川)덕주사(제천)

説明

「徳周寺(トクチュサ)」は、大韓仏教曹渓宗第5教区の本寺である法住寺の末寺です。新羅真平王9年(586年)に創建されたと伝えられていますが、創建者と確かな年代は不明です。言い伝えによると、昔は月蛍山月岳寺だったということです。また、新羅最後の公主(姫)である徳周公主が麻衣太子の一行とここに立ち寄った際、寺を建てて名を徳周寺とし、谷の名称を徳周谷としたと言われています。当時の寺院は、宝物第406号・徳周寺磨崖仏の前に建てられましたが、6・25戦争(朝鮮戦争)で壊れてしまいました。現在の建物は元々の寺址から1.7キロメートルほど離れた所に1970年に再建されたものです。寺の入口に男根石があることから、ここが男児を好む信仰が込められたところだったことがわかります。その他、西側の山の下には4基の浮屠と長台石があります。
6.25戦争により焼けた後、1963年に智岩和尚が5間の因法堂を、1985年に性珠和尚が現在の法堂を再建し、高麗時代につくられた薬師仏を忠州ダムに水没した寒水面駅里からここに移しました。上徳周寺はここから東方の渓谷に1.5キロメートル上がった山の中腹に位置しています。
磨崖仏保護前室、牛公塔、三層石塔、寮舎棟などがあった中原一の寺院でしたが、1951年12月戦禍を被り廃寺となり、今は磨崖仏像、牛公塔、三層石塔だけが現存しています。お堂の建物は法堂と寮舎棟だけとなっていますが、いつの時代のものか確かでない牛塔1基と朝鮮時代の浮屠が4基あります。この牛塔には次のような伝説があります。その昔、寺の僧侶が多くなり、寺が狭くなったため、新たに付属棟を建てようとしたところ、突然大きな雄牛一頭が現われ、木材をどこかに持って行ってしまいました。牛の後をついて行ってみると現在、磨崖仏がある岩の下でした。そのため、そこに寺をつくり、木材をすべて運んだ雄牛が死んだところには牛塔を建てたというものです。


お問い合わせ

+82-43-653-1773


ホームページ

http://sooducksaho.conocean.co.kr/(韓国語)


ご利用案内

体験可能年齢 : 未就学児童は要保護者同伴

お問い合わせおよびご案内 : 徳周寺+82-43-653-1773

駐車場施設 : あり


詳細情報

トイレ
あり

外国語案内サービス
不可

韓国語案内サービス
境内案内可能

位置

忠清北道 堤川市 寒水面 弥勒松界路2キル87 (寒水面)