メイドモーテル[韓国観光品質認証](메이드모텔[한국관광 품질인증/Korea Quality]) - エリア情報 - 韓国旅行情報

メイドモーテル[韓国観光品質認証](메이드모텔[한국관광 품질인증/Korea Quality])

メイドモーテル[韓国観光品質認証](메이드모텔[한국관광 품질인증/Korea Quality])

0m    74     2019-05-21

全羅北道 南原市 ソリキル 110
+82-63-634-8881

メイドモーテルは有名観光スポットの「南原春香テーマパーク」や「広寒楼苑」まで徒歩10分の好立地にあり、観光に便利です。7階建てで35室の客室があり、メイドモーテルの客室整備チームが常に快適な客室環境を保っています。ビジネスで訪れた方向けにプリンターやファックスなども揃えています。また、フロントデスク横には電子レンジを設置し、コーヒーも無料で提供しています。

南原観光団地(남원관광단지)

南原観光団地(남원관광단지)

389m    5056     2020-06-29

全羅南道 南原市 楊林キル12
+82-63-620-6160

南原は韓国の古典文学の代表である『春香伝』の背景となった場所です。智異山、徳裕山、俗離山を繋ぐ観光都市であり、南原地域の観光産業をより発展させる目的で、南原観光団地(ナムウォンクァングァンダンジ)が形成されました。団地の中には国立民俗国楽院と春香文化芸術会館をはじめとし、南原ランド、宿泊施設、レストラン、展望台などの施設が設けられている他、林権澤監督作品・映画『春香伝』の撮影セットが、そのまま保存されています。

春香家(춘향가)

春香家(춘향가)

470m    180     2019-08-28

全羅北道 南原市 ヤンニムキル 28-14
+82-63-636-4500

智異山(チリサン)が抱く自然の中の韓屋ホテル・春香家(チュンヒャンガ)は、麗水世界博覧会及び南原市(ナモンシ)・智異山組合が指定した優秀宿泊施設で、快適な設備とお手頃な料金でお泊りいただけるところです。
観光団地内にあり、南原航空宇宙天文台、春香テーマパーク、春香文化芸術会館、南原ランドなど歩いて行ける場所にさまざまな施設があります。
また車で3分ほどの距離には広寒楼苑、6分ほどのところには南原高速バスターミナルがあり、観光にも便利な立地にあります。
このほか、南原市が一望できるホテルの裏手には徳陰山(トグムサン)ソルパラムキル(松風道)があり、すがすがしい朝の散歩もお楽しみ頂けます。

国立民俗国楽院(국립민속국악원)

国立民俗国楽院(국립민속국악원)

503m    18523     2020-04-23

全羅北道 南原市 楊林キル 54
+82-63-620-2324

韓国の名山・智異山(チリサン)がそびえるパンソリの故郷・南原(ナモン/ナムォン)にある国立民俗国楽院は、伝統音楽文化を直に感じ、新しい音楽文化を創造するため設けられた文化スペースです。
1992年3月開院して以来、さまざまな公演、青少年及び一般向けの国楽文化学校、教員国楽研修、そして民俗楽資料発掘及び学術研究活動などを実施、伝統音楽文化の保存・伝承・発展のために中心的な役割を果たしている機関です。

南原春香祭(남원춘향제)

南原春香祭(남원춘향제)

828m    12133     2020-09-22

オンライン開催
+82-63-620-5783

南原(ナモン)春香祭(チュニャンジェ)は、韓国を代表するラブストーリー「春香伝」をテーマに開催されるお祭りです。
恋人を待ち続け、数多くの困難と試練を乗り越えて愛を守り抜いた「春香(チュニャン)」と、彼女との約束を果たしにきた「李夢龍(イ・モンニョン)」の恋愛悲話をテーマに様々なイベントと公演が繰り広げられます。

南原芸村[韓国観光品質認証](남원예촌 [한국관광품질인증/Korea Quality])

南原芸村[韓国観光品質認証](남원예촌 [한국관광품질인증/Korea Quality])

834m    76     2019-03-26

全羅北道 南原市 広寒北路17
+82-10-2275-1406

「南原芸村(ナムウォンイェチョン)」は南原市が設けた韓屋ホテルです。敷地面積1万2000坪に24の単独客室があり、韓屋伝統の趣にホテル式の寝具を取り入れた快適なつくりとなっています。また、曜日ごとに韓服体験、パンソリ、伽椰琴、DIY体験、伝統遊びなどの体験プログラムも提供され、なかには無料で楽しめるものもあります。 客室利用客には馬牌が提供され、これで広寒楼苑、春香テーマパーク、白頭大間生態教育場へ無料で入場することができます。 その他、各客室のミニバーは無料で利用可能です。

広寒楼苑(광한루원)

広寒楼苑(광한루원)

876m    40577     2020-07-23

全羅北道 南原市 蓼川路1447

広寒楼は、朝鮮時代初期である1419年に南原に島流しにあった名宰相・黄喜(ファンヒ)によって建てられた建物で、当時の名前は広通楼でした。その後、鄭麟趾(チョン・インジ)が広寒清虚府と称した後、広寒楼と呼ばれるようになりました。広寒清虚府は、月の宮の玉皇上帝が住む宮殿を意味します。密陽の嶺南楼、晋州の矗石楼、平壌の浮碧楼と共に、韓国4大楼閣に入ります。広寒楼は、正面5間、側面4間の八作屋根の建物で、宝物第281号に指定されています。広寒楼を含め、池、方丈亭、瀛洲閣などが調和した庭園である広寒楼苑は名勝弟33号にも指定されています。

漆塗木工体験観光共同組合(옻칠목공체험관광협동조합)

漆塗木工体験観光共同組合(옻칠목공체험관광협동조합)

1.0 Km    54     2020-01-21

全羅北道 南原市 忠正路 65

漆塗木工体験観光共同組合は、南原(ナモン)の伝統工芸である木工芸、漆塗り工芸振興のため工芸関係者が設立した共同組合です。
地元工芸品作りの教育・体験が可能な教育場・体験場、カフェ施設があり、組合員それぞれが自ら工房を運営、地元・南原の木工芸品、漆塗り作品の作業工程を見学できます。また、体験・教育プログラムを通じて、地元・南原の工芸産業に接する機会もあります。
木工オブジェ造成事業では風車に自らの願いを込め、足跡を残すことができます。
漆塗木工体験観光共同組合はご来場の方々に工芸を見て、体験して、楽しむ空間をご提供する共同組合組織です。

南原場/南原公設市場(4・9日)(남원장 / 남원공설시장 (4, 9일))

南原場/南原公設市場(4・9日)(남원장 / 남원공설시장 (4, 9일))

1.1 Km    70     2020-04-27

全羅北道 南原市 義塚路 51
+82-63-625-4010

南原場(ナモンジャン)/南原公設市場は、朝鮮時代から1970年まで五日市が立つ場所として知られ、特に牛の取引が行われる牛市場(ウシジャン)は韓国の三大牛市場の一つに数えられるほどでした。
地元・南原(ナモン)発展の一環として、南原の景勝地・広寒楼苑(クァンハルルウォン)の拡張を行い、これとともに1970年12月、現在の位置に移転、常設市場も開設し、同時に既存の五日市も行われる市場となりました。
市場では地元・南原で有名な料理、伝統スンデクッパや鮎の刺身、ドジョウ汁、山菜韓定食などを味わえ、また地元の特産物・智異山(チリサン)薬草、南原木器などもあり、韓国南西部を代表する市場となっています。

南原公用バスターミナル(남원공용버스터미널)

482m    3165     2016-07-26

全羅北道 南原市 龍城路109
+82-63-633-0807

バリモーテル [韓国観光品質認証] (발리모텔 [한국관광 품질인증/Korea Quality])

1.1 Km    42     2019-08-01

全羅北道 南原市 オクチョン4ギル 5
+82-63-625-7800

南原市内中心部に位置するバリモーテルは、きれいな施設と便利な立地を誇ります。客室の壁は木製パネルを使って単色のペイントで仕上げ、モダンな雰囲気を演出しました。新築の建物なのできれいで、客室内部も清潔です。南原でコストパフォーマンスの優れたリーズナブルな宿を探す旅行客にぴったりです。1階に女性専用サウナがあります。

バリモーテルから南原市庁までは380mで、南原を代表する広寒楼苑とチュオタン(どじょうスープ)通りまでは車で5分、春香テーマパークまでは6分です。南原の主要観光スポットまで徒歩あるいは車で気軽にアクセスできます。バリモーテルから道を1つ渡ると南原廃駅があり、全体が公園化されているので軽く散歩を楽しむのも良いでしょう。南原廃駅は、春から秋までヒナゲシ・ヒャクジツコウ・コスモスなど様々な花が咲くので、わざわざ写真を撮るために訪問する人も多くいます。

南原は、韓国を代表する古典小説『春香伝』の背景となった場所で、広寒楼苑と春香テーマパークにいると、物語の主要シーンが思い浮かびます。広寒楼苑は名勝第33号で、美しい建築と池・樹木・石橋が融合している様子が古色蒼然としています。春香テーマパークにはウォルメの家、東軒(官庁)、獄舎など昔の建物と『春香伝』の主要シーンを再現した造景など、見どころがたくさんあります。

セヂプチュオタン(새집추어탕)

1.3 Km    2576     2017-08-28

全羅北道 南原市 蓼川路1397
+82-63-625-2443

ドジョウ汁(チュオタン)を専門とする全国の食堂のうち、約3割の店が名前の前に「南原」や「春香」をつけているようにドジョウ汁の代名詞として知られる「南原ドジョウ汁」の元祖が、ここ「セヂプチュオタン(セチプチュオタン)」です。
「セヂプ」は、茅葺屋根という意味で、1959年開業当時、ススキを使った茅葺屋根の店だったため、こう名づけられました。今は改装され、昔の姿をみることはできませんが、味は今も変わることなく伝統を受け継いでいます。チュオタンの元祖といわれるだけに、テレビや新聞などに何度も取り上げられ、2008年には外食経営評価で大賞を受けています。