石坡廊(석파랑) - エリア情報 - 韓国旅行情報

石坡廊(석파랑)

石坡廊(석파랑)

32m    30955     2017-04-10

ソウル特別市 鐘路区 紫霞門路 309(弘智洞)
+82-2-395-2500

「石坡廊(ソクパラン)」は、朝鮮王朝の最後の王である、興宣大院君の別荘だった「石坡亭」の別棟を現在の洗剣亭に移し、復元(ソウル市有形文化財23号)させた建物を韓定食専門店として再構成しました。約500坪の敷地に興宣大院君の別荘、石坡廊を中心に丘を下ると蓮池と柿の木がある庭の真ん中に旧家屋があります。朝鮮時代の末ごろの建物は外観のラインをそのまま活かし、最も韓国的な粋を演出することにフォーカスを置きました。約50坪の大きくはない規模ですが、ここが客室として利用されました。
石坡廊の宮廷料理は、厳選された食材と、手作りの醤を使用しており、全国各地の匠人が作った伝統酒を味わうことができます。

清河高麗人参[韓国観光品質認証](청하고려인삼 [한국관광품질인증/Korea Quality] )

清河高麗人参[韓国観光品質認証](청하고려인삼 [한국관광품질인증/Korea Quality] )

301m    61     2019-02-13

ソウル特別市 鍾路区 紫霞門路280
+82-2-395-1688

ソウル特別市鍾路区にある清河高麗人参株式会社は高麗人参専門企業です。
韓国を訪問する外国人を対象に高麗人参の歴史や文化を伝え、高麗人参の効能を世界に知らしめる先導的な役割を果たしている会社です。
鍾路本社は2005年の設立以降、持続的に投資を続け、質的向上を重点に置き会社経営を行っています。2014年からはおよそ2年間、本社社屋の改善工事を行い、高麗人参展示場や売場内の各種施設の拡充を行いました。
4階建ての本社建物には高麗人参博物館や高麗人参売場23ヶ所、韓国雑貨商品売場2ヶ所、タックスリファンド、銀行、カフェ、授乳室及び便宜施設などがあります。
外国人観光客のお客様が多いことから、外国語に堪能な店員が常駐しています。事前に予約して頂いたお客様には、該当外国語担当職員による博物館の案内、商品のご説明や購入のサポートも可能です。またよりお客様にご満足頂けるよう徹底したアフターサービス管理も行っています。

白沙室渓谷(백사실계곡)

白沙室渓谷(백사실계곡)

722m    1468     2019-07-11

ソウル特別市 鍾路区 付岩洞115
+82-2-2148-1114

「白沙室(ペクサシル)渓谷」はソウルでは珍しい、文化史跡(白石洞天=ペクソクドンチョン・史跡第462号)と自然景観がマッチした素晴らしい自然生態地域で、サンショウウオ、カエル、タカハヤなどさまざまな生物が生息しています。特に最も綺麗な水質の1級水指標種であるサンショウウオはソウル特別市自然環境保全条例により定められたソウル市保護野生動物で、ここ白沙室渓谷に群生しており、その保護価値が大変高い地域です。そのため知る人ぞ知るソウルの美しい渓谷で、サンショウウオが生息していることから話題にもなりました。
白沙・李恒福(イ・ハンボク)の別荘があったことから白沙室渓谷という名が付いたと伝えられている白沙室渓谷。深い森に沿って続く小径や行く手を阻む大小さまざまな渓谷を見るにつけて、ここがソウルであることを忘れてしまうほどです。タカハヤ、サンショウウオなど希少生物の生息地なので、渓谷の水面に足を浸けることなくただ風景を長めて楽しむだけにとどめておくほうがよさそうです。
カフェ「サンモトンイ」や軍部隊の駐屯地を過ぎるとすぐに渓谷が見えてきます。

煥基美術館(환기미술관)

煥基美術館(환기미술관)

903m    7219     2019-03-19

ソウル特別市 鍾路区 紫霞門路40キル63
+82-2-391-7701

「煥基美術館(ファンギミスルグァン)」は、西洋画家・金煥基(キム・ファンギ)の作品を保存・展示している美術館です。韓国モダニズムの代表的な画家である金煥基は1930年代から抽象美術に挑戦、1950年代には韓国の自然をモチーフとして韓国の情緒を表現した画家として知られています。対比したものが調和を成すという優れた作品性で有名であり、常設展示場ではこのような特徴をもった彼の作品に出会うことができます。別館2階にある企画展示場では1年に2~3度主に若い芸術家たちを対象にした企画展が開かれています。建物1階のカフェとアートショップでは彼の作品をモチーフにしたスカーフやネクタイ、グラスセットなどを購入できます。

北岳山(북악산)

北岳山(북악산)

908m    79     2019-05-09

ソウル特別市 鍾路区 彰義門路42

ソウルを囲む北岳山、南山、駱山、仁王山の4つの山は、合わせて内四山と呼ばれています。その中でも最も高い山がソウルの北側に位置する「北岳山(プガクサン)」です。景福宮の北側にそびえ立ち、またの名を白岳山(ペガクサン)ともいいます。城壁が山に沿って保存され、四小門の1つである彰義門(別名:紫霞門)が北岳山西側の山麓と仁王山の間にあり、ソウル市の中心部からも比較的近い場所に位置しています。彰義門からソウル市城北区貞陵洞にあるアリラン峠へと続く観光道路の北岳スカイウェイでは、青々とした自然の中でソウルの市街地の景色を一望できます。北岳スカイウェイと南東側の山麓に位置する三清公園は、北岳山探訪の途中にほっと一息つくのにぴったりな休憩空間となっています。

高さ:342メートル

北岳山(북악산)

北岳山(북악산)

908m    18582     2018-04-06

ソウル特別市 鍾路区 彰義門路42
馬岩(マルバウィ)案内所+82-2-765-0297 粛靖門(スッチョンムン)案内所+82-2-747-2152 彰義門(チャンイムン)案内所+82-2-730-9924~5 鍾路区庁公園緑地課+82-2-2148-2835

ソウルを囲む北岳山、南山、駱山、仁王山の4つの山は、合わせて内四山と呼ばれています。その中でも最も高い山がソウルの北側に位置する「北岳山(プガクサン)」です。景福宮の北側にそびえ立ち、またの名を白岳山(ペガクサン)ともいいます。城壁が山に沿って保存され、四小門の1つである彰義門(別名:紫霞門)が北岳山西側の山麓と仁王山の間にあり、ソウル市の中心部からも比較的近い場所に位置しています。彰義門からソウル市城北区貞陵洞にあるアリラン峠へと続く観光道路の北岳スカイウェイでは、青々とした自然の中でソウルの市街地の景色を一望できます。北岳スカイウェイと南東側の山麓に位置する三清公園は、北岳山探訪の途中にほっと一息つくのにぴったりな休憩空間となっています。

高さ:342メートル

付岩洞(부암동)

付岩洞(부암동)

913m    12058     2018-02-05

ソウル特別市 鍾路区 付岩洞

鍾路区にある「付岩洞(プアムドン)」は、洗練された雰囲気と、昔懐かしい姿がそのまま残るエリアです。くねくねとした路地が続き、1960~70年代からある精米所や床屋と共に、美術館や個性的なカフェ、レストランが並んでいます。もともとは、画家や文人、教授など多様なジャンルの芸術家たちがゆっくりのんびりと暮らしていた街でしたが、岩洞事務所前一帯が「コーヒープリンス1号店、チェ・ハンソンの家」として有名になって以降、通りのあちこちに個性的なカフェやショップができ、三清洞や新沙洞カロスキルと共におしゃれな空間として注目されるエリアとなりました。

箸の家・チョチプ[韓国観光品質認証](저집[한국관광품질인증/Korea Quality] )

箸の家・チョチプ[韓国観光品質認証](저집[한국관광품질인증/Korea Quality] )

917m    144     2019-01-09

ソウル特別市 鍾路区 彰義門路 142-1
+82-2-3417-0119, +82-10-9346-8953

ソウル特別市鍾路区付岩洞(プアムドン)に位置する箸の家・チョチプは箸の専門店です。店名のチョチプのチョには「あの」という指示語の意味、自分を謙って言う「私」という意味、そして箸の意味が込められています。
箸は韓国のみならず中国や日本などアジアで主に使われている食器具です。古から金属や動物の角、木材など丈夫な素材で作られてきましたが、使う人の身分によってその形態や素材が異なっていたことも分かっています。現代になり、よりさまざまな素材で作られ使われる箸。韓国では箸はふつう匙・スプーンとともに使われます。
箸専門売場である箸の家・チョチプは韓国伝統の材料や文様、色彩を生かした箸や匙を製造・販売しています。付岩f洞の丘にある白い外壁の店舗に入ると、ずらりと並んで陳列された箸や匙が目に飛び込んできます。このお店の端は漆塗りが基本ですあ、素材や文様はもちろん長さもいろいろで、色もさまざまあります。店舗玄関の右手には韓国伝統の膳や箸、匙がセッティングされた御膳が綺麗にディスプレイされています。箸は単品でも販売していますが、セット製品を買い求める人が多いとのこと。箸置き、湯飲み、皿なども販売しており、贈答用には包装もしてくれます。

紫霞ソンマンドゥ(자하손만두)

紫霞ソンマンドゥ(자하손만두)

972m    3839     2019-02-26

ソウル特別市 鍾路区白石洞キル12
+82-2-379-2648

「紫霞ソンマンドゥ(チャハソンマンドゥ)」では、心を込めておばあちゃんが手作りした料理を思わせる家庭の味を楽しめます。

彰義門(紫霞門)(창의문(자하문))

彰義門(紫霞門)(창의문(자하문))

1.0 Km    8227     2019-05-31

ソウル特別市 鍾路区 彰義門路118
+82-2-2148-1826

「彰義門(チャンイムン)」は城郭の北小門で、「紫霞門(チャハムン)」という愛称でも呼ばれています。北大門である粛靖門(スッチョンムン)は常に閉鎖されており、その果たすべき役割を果たせていなかったため、この彰義門が代わりにその役割を果たしていました。そのため、人々は彰義門のことを北門と呼んでいました。
城の北側の郊外へ出たり、門近くの洗剣亭や北漢山へ行く場合にはこの門が関門となるため、利用量は少なくありませんでした。昔、彰義門の近くには紫色の霞が多くかかっていたため、彰義門の外は「紫霞の外」とも呼ばれていました。
彰義門は4つの小門のうち、その原形を唯一、現在まで残している門です。彰義門は、軒の下に木で作られた木製の鶏「木鶏(モッケ)」が掛けられているところが特徴的です。この鶏の由来は、風水の考えにあります。門の外の地勢がムカデと似た相で、その地勢を抑えるためには、ムカデと相克の関係である鶏を置かなければならないという言われから、木鶏が掛けられています。
彰義門に関する歴史で、仁祖反正(インジョパンジョン)という事件を語らずにはいられないでしょう。仁祖反正とは、朝鮮時代の1623年、李貴(イ・ギ)ら西人勢力が第15代王の光海君や集権党の李爾瞻(イ・イチョム)などの大北派を追い出し、綾陽君(ヌンヤングン)を王に就かせた反乱です。1623年3月12日、李貴、金濡(キム・ユ)、金自点(キム・ジャジョム)、李适(イ・グァル)らは反正計画を遂行する過程で計画の一部漏れはしましたが、予定通りに実行に移し、反乱軍は彰義門に向かって進軍し、宮殿の占領に成功しました。これに驚いた光王君王は、宮殿の後門から逃げ、医官である安国臣(アン・グクシン)の家に隠れていましたが、後に島流しとなりました。そして、綾陽君が王となるのですが、綾陽君とは第16代王の仁祖(インジョ)のことです。
時は流れ、第21代王の英祖(ヨンジョ)はこの事件を記念し、彰義門の城門と門楼を改築し、反乱功臣たちの名前を板に刻み掛けました。彰義門の門楼に掛けられた板は、今なお門楼に掛けられています。

北岳スカイウェイ(북악 스카이웨이)

北岳スカイウェイ(북악 스카이웨이)

1.0 Km    1211     2016-07-11

ソウル特別市 鍾路区 付岩洞、平倉洞、城北区 貞陵洞
+82-2-3673-4071, +82-2-2236-0052

1968年9月に開通した北岳スカイウェイはソウルの主山である北岳山の稜線に沿って造られた観光道路で、長さが約19キロあります。
この道を辿っていくと、一方は北漢山・碑峰と文殊峰が続く山々が壮観をなし、また一方では南山とソウル市の美しい景色が見られます。全区間にわたって整備された街路樹や樹木が季節ごとに花を咲かせ、素晴らしい景観をつくりだします。

シンディーズ B&B[韓国観光品質認証](씬디스 비앤비(Cindy's B&B) [한국관광 품질인증/Korea Quality])

697m    57     2019-04-11

ソウル特別市 鍾路区 紫霞門路40キル 19-18
+82-10-9022-7782

ソウル特別市鍾路区(チョンノグ)付岩洞(プアムドン)にあるCindy’s B&B(シンディーズ・ビー・アンド・ビー)は一般の住宅に作られたホームステイ施設です。
ソウルの中心地でありながら周囲を山で囲まれた付岩洞の自然の魅力を十分に感じられるスペースです。

景福宮(キョンボックン)や光化門(カンファムン)から車で10分ほどの距離にあり、付岩洞(プアムドン)の特色ある美術館やカフェ、レストランへは歩いていくことができます。

特に韓国を代表する詩人・尹東柱(ユン・ドンジュ)詩人の丘や白沙室(ペクサシル)渓谷、ソウル城郭の道、仁王山(イナンサン/インワンサン)散策路、北岳山(プガクサン)登山路などにも近いところにあります。

3分ほどの距離にある紫霞門(チャハムン)トンネル前のバス停には明洞、南大門、三清洞(サムチョンドン)、仁寺洞、東大門などソウルの有名観光スポットへ向かうバスが頻繁に来ます。平屋の建物に客室がすべてで3部屋あり、ホワイトとピンクが似合う明るい雰囲気の部屋となっています。

部屋ごとに異なったデザインのベッドや家具があり、1名様から4名様までお泊り頂けます。リビングとキッチンは共用となっており、ルーム2とルーム3には浴室もあり、プライバシーを確保したいお客様におすすめの部屋です。
朝食は午前9時まで無料で提供しており、自宅よりくつろいでゆったりと泊まることができます。