霊光グローリー観光ホテル(영광글로리관광호텔) - エリア情報 - 韓国旅行情報

霊光グローリー観光ホテル(영광글로리관광호텔)

霊光グローリー観光ホテル(영광글로리관광호텔)

0m    1129     2019-08-06

全羅南道 霊光郡 霊光邑 玉堂路74
+82-61-351-8700

「霊光(ヨングァン)グローリー観光ホテル(GLORY HOTEL)」は客室数50室、高速バスターミナルから徒歩10分ほどの距離にあり、家族旅行などで利用するのに最適です。

仏甲寺(霊光)불갑사(영광))

仏甲寺(霊光)불갑사(영광))

9.0 Km    1766     2020-07-01

全羅南道 霊光郡 仏甲面 仏甲寺路450
+82-61-352-8097

仏甲山(516メートル)のふもとにある仏甲寺は百済枕流王(384年)の時代、インドの僧マラナンタ尊者が百済に仏教を伝え、最初に建てた仏法道場という点を反映し、寺の名前を仏陀の仏、最初という意味の甲から「仏甲寺(プルガプサ)」と呼ぶようになったといいます。そして霊光の「法聖浦」という地名も聖人が法を持ち込んだ浦であるとし「阿無浦」から「芙蓉浦」という名前に変わったと言います。自然の石階段を登り、最初に目に入る天王門の中には、木造の四天王像が祀られています。これは道詵国師が創建した全羅北道興徳の烟起寺にあった朝鮮中期の作品ですが、高宗7年に雪竇先師が仏甲寺を修復し廃寺となった烟起寺から移されたと伝えられています。
仏甲寺境内に入ると、まず目に入るのが一注門の周囲の暖帯常緑樹林ですが、空が見えないほど生い茂り天然林を形成しています。仏甲寺のさまざまな文化財の中で最も目立っているのが、仏甲寺大雄殿(宝物第830号)で、丹青を塗られていないためより古風な趣を醸し出しています。特に大雄殿の軒の彫刻と蓮の花の模様が美しく彫刻されており、これに合わせた大雄殿の桟などからは先人たちの丹精こもった技が感じられます。大雄殿は正面3間、側面3間の八作屋根の建物であり、正面と側面、及び中央の間の片門が蓮華文、菊花文、宝相華文で飾られています。左右の間には細かい斜め格子模様で処理されており、華やかな雰囲気が表されています。
寺の中には、万歳楼、冥府殿、日光堂、捌相殿、七星閣、香炉殿そして寮舎があり、寺の外の小道に沿って少し登っていくと、天然記念物第112号に指定されているシロダモの木があります。シロダモはクスノキ科に属する常緑広葉樹で、10月や11月に雄花と雌花がそれぞれ違う株に咲き、翌年10月頃に実が赤く熟し、花と実を楽しむことができます。
仏甲寺は紅葉も美しいです。仏甲寺の前の小道に沿って少し登っていくところにある仏甲寺貯水池前では、谷と山の傾斜を五色に彩る紅葉が望め、秋の仏甲寺の見どころとなっています。貯水池の上の平坦な小道に沿ってつづく椿谷の紅葉も美しいポイントです。井邑の内蔵山や潭陽の秋月山の紅葉ほど華麗とは言えませんが、落ち着いた趣のある道はさまざまな考えを思いめぐらせながらの散歩コースとして最適です。
平たい石からなる頂上に立つと、全面が開けた展望を満喫することができます。近くには霊光、咸平、羅州の平野地帯があり、その中に大小さまざまに集まった村の様子は大変趣深い光景です。遠くには東側の高昌の方丈山とその後ろにはかすかに井邑の笠巖山、西側には山越しに七山海の小さな島々、そして東南側には光州の無等山の雄大な姿、また咸平野越しにそびえる霊厳の月出山などが全て望めます。仏甲山と仏甲寺がある渓谷は周辺の他の山々とは違い、比較的谷が深く、雄大な山となっています。山に登ってみると、仏甲寺を蓮の花のように囲んだ山が、まるで内陸にある深い山奥を連想させるほど、印象的であり、紅葉の季節でなくとも一度は訪れる価値があります。

仏甲寺シロダモ自生地
天然記念物第112号。シロダモは常緑広葉樹で、新羅の法興王時代に擎雲僧とインドの姫ジンヒスとの切ない愛の伝説にも描かれています。仏甲寺が北の生息限界線であり、木の質が堅く、家具材として使われており、楕円形の実は連珠に使われています。

仏甲寺彼岸花自生地
ヒガンバナ科に属する彼岸花は曼珠沙華とも呼ばれています。仏甲寺地域は高昌の禅運寺、咸平の龍泉寺などとともに全国最大級の群生地で秋夕の頃の開花期には咲き乱れる彼岸花により、辺り一面が真っ赤に染まります。

高敞青麦畑祭り(고창 청보리밭축제)

高敞青麦畑祭り(고창 청보리밭축제)

11.8 Km    4788     2020-05-06

全羅北道 高敞郡 孔音面 鶴園農場キル158-6
+82-63-562-9897

「麦の故郷」高敞(コチャン)では青麦が一面に広がる毎年4月から5月にかけて「高敞青麦畑祭り」が開催されます。

近年では麦が健康食品として認識され、米よりも貴重に扱われる時代になりましたが、このようなトレンドとともに麦畑の景色も人々に受け入れられ人気を博すようになってきました。
このような背景に応えるべく、高敞では地域住民が力を合わせて、麦畑がより美しく、より豊穣になるよう毎年精魂込めて手入れをしています。
ちなみに高敞の古の地名である牟陽県(モヤンヒョン)。この牟陽県の「牟」は麦を、「陽」は太陽を意味し、それだけ昔からこの地で麦が栽培されていたことが分かります。
目の前には遮るものがなく、開けた平原にある高敞。高敞の青麦畑の中で春の香りを思う存分満喫してください。

麦の国鶴園農場(보리나라 학원농장)

麦の国鶴園農場(보리나라 학원농장)

11.8 Km    5057     2020-01-10

全羅北道 高敞郡 孔音面 鶴園農場キル 158-6

およそ50ヘクタールの広大な原野を一面の麦畑に姿を変えたここでしか見ることができない大農場「麦の国・鶴園農場(ハグォンノンジャン)」。

春には韓国最大級の麦畑が、秋にはそば畑が農場一面に広がります。鶴園農場は観光農場として認可されている施設で、人々に知れ渡ると、数多くの観光客や写真家らが訪れるようになり、一大観光スポットになりました。
また、さまざまなテレビドラマ、映画、コマーシャルなどのロケ地ともなり、いま注目を集めている場所です。
麦畑や蕎麦畑として有名になったことから、鶴園農園は美しい景観を維持すべく景観農業へと転換しました。

また、鶴園農場で主に収穫される麦の穂が美しく、またソバの花がきれいに咲き乱れる時期には青麦畑祭り、ソバの花祭りなどさまざまなお祭りやイベントが開催されます。
この他、農場を訪れる観光客の方々向けに、麦やそばを原料にした様々な料理をご提供する食堂をはじめ、お茶・ドリンク類・スナックなどを販売する売店及び加工農産物販売場、宿泊施設などさまざまな各種施設があります。

白岫海岸道路(백수해안도로)

白岫海岸道路(백수해안도로)

14.0 Km    1014     2020-06-01

全羅南道 霊光郡 白岫邑 大新里
+82-61-350-5600

国道77号線・郡道14号線「白岫(ペクス)海岸道路」は、全羅南道(チョルラナムド)の有名なドライブコースのひとつです。 道路を走ると、海岸沿いの絶壁のそばにそそり立つ素晴らしい岩やあちらこちらにある磯がダイナミックな風景を醸し出しています。 白岫海岸道路は全羅南道霊光郡(ヨングァングン)白岫邑(ペクスウプ)吉龍里(キリョンニ)から栢巌里(ペガムリ)のソックミ村までの16.8kmに達する海岸道路で、霊光に広がる海・七山(チルサン)の海の美しい絶景を一望できることで有名です。特に陽が沈むときの西海(ソヘ)の夕陽は、東海(トンへ)沿岸の蔚山(ウルサン)にある日山(イルサン)の夕陽とともに双璧をなす美しい光景として有名で、観光客の人々の心を奪ってしまうほどです。この夕陽の光景を見ようと、一年を通じて観光客がひっきりなしに訪れる場所となっています。

牟平軒[韓国観光品質認証](모평헌[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

牟平軒[韓国観光品質認証](모평헌[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

14.9 Km    62     2018-12-29

全羅南道 咸平郡 海保面 サンモキル 80
+82-10-5034-6078

全羅南道咸平郡に位置する牟平村は咸平牟氏による開拓村であると伝えられており、その後坡平尹氏の同族村となりました。牟平軒は坡平尹氏の子孫の家で、100年前に建てられました。建材である松の木を海水に7年間浸し、15年間乾燥させ、3年かけて建てられた堅牢な建物です。

牟平軒はキッチンやトイレを備えており、テレビ、布団、パソコン、鏡、茶器などが置いてあります。裏庭には室内バーベキュー場があり、その横の畑に植えられている唐辛子やチシャは自由に食べることができます。

咸平海水チム(함평해수찜)

咸平海水チム(함평해수찜)

19.5 Km    7321     2019-11-25

全羅南道 咸平郡 孫仏面 石山路69
+82-61-322-9900

「咸平海水(ハムピョンヘス)チム」は、1800年代から治療法として人々に広く利用されてきました。海水に身体に良い成分を入れて熱し、全身を温める方法(海水チム)を言い、温泉とチムジル(蒸し風呂)を一緒に楽しむことができ、神経痛、産後病、関節炎、皮膚炎などに効果があるため、主婦の間で大変人気の場所となっています。

上下農園(상하농원)

上下農園(상하농원)

19.9 Km    15     2020-01-21

全羅北道 高敞郡 上下面 上下農園キル 11-23

緑の牧場で一日シェフになる

全羅北道(チョルラプクド)高敞郡(コチャングン)と毎日乳業(メイルユオプ)が共同出資し、若手アーティストと手を組んで作り上げた農村型テーマパーク・上下農園(サンハノンウォン)。有機農法のあらゆる分野を体験できる場所がここ上下農園です。
お米がスーパーマーケットで作られると信じてやまない近頃の子どもたちにとって、上下農園の全製品が作られる工程をこの目で直に見学できる上下農園は、またとない貴重な経験の場となることでしょう。
また自らソーセージ、アイスクリーム、パン、チーズを作ることもでき、健康的な暮らし方を学ぶことができるのがここ上下農園です。

霊光高速バスターミナル(영광고속버스터미널)

346m    4738     2011-02-18

全羅南道 霊光郡 霊光邑 シンナム路180
+82-61-351-3379/+82-61-353-3360