九潭精舎[韓国観光品質認証](구담정사[한국관광품질인증/Korea Quality])

  • 九潭精舎[韓国観光品質認証](구담정사[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 九潭精舎[韓国観光品質認証](구담정사[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 九潭精舎[韓国観光品質認証](구담정사[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 九潭精舎[韓国観光品質認証](구담정사[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 九潭精舎[韓国観光品質認証](구담정사[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 九潭精舎[韓国観光品質認証](구담정사[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 九潭精舎[韓国観光品質認証](구담정사[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 九潭精舎[韓国観光品質認証](구담정사[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 九潭精舎[韓国観光品質認証](구담정사[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 九潭精舎[韓国観光品質認証](구담정사[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 九潭精舎[韓国観光品質認証](구담정사[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 九潭精舎[韓国観光品質認証](구담정사[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 九潭精舎[韓国観光品質認証](구담정사[한국관광품질인증/Korea Quality])

説明

慶尚北道安東市(アンドンシ)豊川面(プンチョンミョン)にある九潭精舎(クダムチョンサ)は目の前に洛東江(ナクトンガン)九潭湿地が、背後には小高い山が広がり、遮るものがない広々とした青空を仰ぎ見ることができるところにあります。元々、光山金氏(クァンサン・キムシ)安東派の家系が代々受け継いできたところで、国語古典文化院クォン・オチュン理事長が買い上げ、新たに生まれ変わった九潭精舎は安東の自然を静かに満喫できる古宅です。

九潭精舎は河回村ではなく九潭湿地の近くにあります。およそ15年前までは安東へ基盤を移した光山金氏安東派の宗宅でした。しかし安東が新たな住宅地として注目を集めると、クォン・オチュン理事長は由緒ある宗宅を後世に伝え、より多くの人々に開かれた空間として活用することを思いつきこの家屋を買い上げました。その後、韓屋のいたるところを大々的に補修し、2010年5月、一般開放するに至りました。

中庭を囲む形で「口」の字型に建てられた韓屋の構造には手を入れず、改修しました。しかしながら古くなった瓦屋根は新しく葺き替え、韓屋の基礎となる基壇の石積みを長方形の石材・長台石に変えるなど一部本来の韓屋の造りに手を入れた部分もあります。また板の間と板の間を繋ぎ、建物のあらゆる部屋から部屋へと歩いて移動できるよう改築しました。煙突や塀は昔ながらの伝統の姿をそのまま復元し利用しています。このような改築の方針は、祖先が代々引き継いできた家屋に残された知恵や韓屋の趣を、多くの人が感じとってくれればというオーナーの心がよく表れているところです。
元々の韓屋と一番異なっている部分はこの韓屋の周りの部分です。中庭を、母屋前の庭の部分と舎廊(サラン)チェ前の庭の部分というふうに2つに分け、その間に塀を築き、内と外を分けたこと、そして3間の広さの高柱の大門を建てたことが一番の違いです。

また中庭を芝生で覆い、庭石や盆栽を置くなどして韓屋の伝統美をより美しく見せるように工夫しました。
九潭精舎の構造ですが中庭、母屋、外棟、裏庭があり、敷地が緩やかな丘をなしているのが特徴です。外棟には亭子(東屋)の形をした高殿の板の間があり、風流さを楽しむことができ、母屋には家族の生活空間であった奥の間があります。

建物の内側にある中庭は母屋の採光を高めるのと同時に空気の循環も促し、母屋の空間を外の自然と調和させる役割があります。前庭と母屋、囲むように韓屋が建てられている中庭の3箇所がそれぞれ自然の空間、人工的な空間、そして人の手が加えられた人工的自然空間と三重の構造をなしている形となっています。通常、韓屋は湿度が高く水を多く必要とする芝生は作らないのですが、この中庭には青々した芝生を植えました。これは韓屋の基礎となる基壇の下に四角い長台石を積み上げ、十分な高さを確保できたことで可能となりました。

九潭精舎ではエアコン設備はなく、冬にはオンドルの焚口に薪をいれ火をつけて部屋を温めます。不便さを感じることもありますが、ここに一泊したお客様は韓国にエアコンやボイラーがなくてもなんとかなるということを身を持って悟ります。夏は戸が多く風通しがよい韓屋の構造のため、ごろんとしているだけでも涼しく、冬になるとオンドルの焚口に近い方の部屋はかっかと暑くなり寒気も飛んでいってしまうほど温かくなります。

この韓屋の自慢は伝統御膳の食事。山から取ってきたエゾウコギ、桑の葉、タンポポなどを漬けた漬物や塩梅よく塩をふって焼いた安東塩サバ、化学調味料を一切使わない様々なおかずで構成される御膳は九潭精舎を訪れる人々にいつも人気満点のメニューです。


お問い合わせ

82-10-3126-5413


ホームページ

http://gudamjeongsa.modoo.at(韓国語)


ご利用案内

収容人数 : 25人(最大30人)

入室時間 : 15:00

チェックアウト時間 : 11:00

客室内ケータリング : 不可

お問い合わせおよびご案内 : +82-10-3126-5413

駐車場施設 : 駐車可能

ピックアップサービス : 不可

部屋の数 : 9室

予約案内 : +82-10-3126-5413
※ ※客室料金は変わることがあります。詳しい客室料金については宿泊施設に直接お問合せください。

予約案内ホームページ : http://gudamjeongsa.modoo.at(韓国語)

規模 : 敷地約 2579平方メートル




位置

경상북도 안동시 풍천면 구담배나들길 33-12