咸陽 一蠹古宅[韓国観光品質認証](함양일두고택[한국관광품질인증/Korea Quality])

  • 咸陽 一蠹古宅[韓国観光品質認証](함양일두고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 咸陽 一蠹古宅[韓国観光品質認証](함양일두고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 咸陽 一蠹古宅[韓国観光品質認証](함양일두고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 咸陽 一蠹古宅[韓国観光品質認証](함양일두고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 咸陽 一蠹古宅[韓国観光品質認証](함양일두고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 咸陽 一蠹古宅[韓国観光品質認証](함양일두고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 咸陽 一蠹古宅[韓国観光品質認証](함양일두고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 咸陽 一蠹古宅[韓国観光品質認証](함양일두고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 咸陽 一蠹古宅[韓国観光品質認証](함양일두고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 咸陽 一蠹古宅[韓国観光品質認証](함양일두고택[한국관광품질인증/Korea Quality])
  • 咸陽 一蠹古宅[韓国観光品質認証](함양일두고택[한국관광품질인증/Korea Quality])

説明

河東鄭氏と豊川盧氏の集姓村であった慶尚南道咸陽(ハミャン)の介坪村(ケピョンマウル)、その村の中心に儒教の一派・性理学の学者・一蠹(イルドゥ)鄭汝昌(チョン・ヨチャン)先生の生家「一蠹古宅」があります。

この由緒ある韓屋は朝鮮時代の歴史や17、18世紀の建築様式を証明する重要な資料としても活用されている建物です。 およそ1万平方メートルの広々とした敷地には、高い門柱が特徴的な大門、行廊チェ、舎廊チェ、中門間チェ、母屋、離れ屋と納戸、祀堂、倉庫などがあります。韓屋の邸内に入って行くと、舎廊チェの建物がありますが、その韓屋の基礎部分・基壇は石積みされ高くなって全体として韓屋が高くかさ上げされた形となっており、また内と外を分ける土塀を設けていることで邸内の内部を容易に覗き見できないような工夫がなされています。これも女性が居住する空間や祀堂(サダン)が外から見えないよう配慮したという痕跡がよくわかる点です。

また邸内の他の韓屋の建物とは異なり、舎廊チェの役割やその舎廊チェの領域が広いことも一蠹古宅の大きな特長です。正面から見ると直角に曲がった「フ」の字型の韓屋のように見えますが、裏手から見ると「一」の字型の中門間チェが繋がった形をしており、また学問を重視した家系だけあって舎廊チェの一段高くなった高殿の板の間は書斎のような造りになっています。学者の哲学が韓屋の造りに余すところなく反映していることがわかる一面です。

一角門を過ぎると中門が現れ、さらにその中に足を踏み入れると、女性たちが暮らしていた母屋が見えてきます。井戸や青々とした芝生、さまざまな花々で彩られた素晴らしい中庭が母屋に囲まれるようにあります。母屋の反対側にある部屋を過ぎると納屋が見え、その両脇には先祖を祀る祀堂(サダン)やさらに奥にある舎廊チェ、醤油や味噌などが入った甕がずらりと置かれた場所があり、その向こうには勝手口も見えます。

女性の空間として使われていたさらに奥の方にある別の舎廊チェや祖先を祭っている祀堂(サダン)には無断で入れないよう高い土塀で仕切られ分かれています。これはむやみに外から見えないよう考慮したものです。一見すると迷路のように複雑ですが、むしろ実際に歩いてひとつひとつ見学してみると、随所に特徴的なつくりであることがわかり大変趣があることがわかります。

現在、古宅で宿泊可能なところは高い門柱の大門の両脇にある行廊チェの4部屋、舎廊チェの建物、そして舎廊チェよりさらに奥のほうにある別の舎廊チェの3ヶ所になります。奥の方にある舎廊チェには2部屋が、舎廊チェには3部屋があり、いずれにも部屋にトイレが完備しています。この韓屋の邸宅の中心的な建物である舎廊チェにお泊りの方は、濯清斎(タクチョンジェ)と呼ばれる高殿の板の間から庭内にある石を積んで造った素晴らしい庭山も鑑賞することができます。

客室には古の生活道具や古家具、昔の状差しなどが随所に置かれ古風な趣を醸し出しています。その反面、トイレなどの各種施設は最新式のものを完備、ご宿泊されるお客様に不便のないよう配慮しています。
一蠹古宅は重要民俗文化財のため管理事務所が別途ありますが、オーナーである18代子孫であるチョン・ウィギュン氏は古宅の向かい側の果樹園の場所に家を建て暮らし、この古宅とを毎日往来しています。古宅では火災予防の一環で炊事はできませんが、現在オーナーが住んでいる別宅の庭園でガーデンパーティーや炊事が可能となっています。庭は広々とし快適で、韓屋でのご宿泊だけではないまた別のお楽しみを味わうことができます。


お問い合わせ

+82-55-962-7077、+82-10-6395-5111


ホームページ

http://www.ildugotaek.kr(韓国語)


ご利用案内

収容人数 : 25人

入室時間 : 14:00

チェックアウト時間 : 11:00

客室内ケータリング : 不可

お問い合わせおよびご案内 : +82-55-962-7077、+82-10-6395-5111

駐車場施設 : あり(10台)

ピックアップサービス : 可(池谷IC)

部屋の数 : 6室(3棟)

予約案内 : 可(+82-55-962-7077、+82-10-6395-5111)

予約案内ホームページ : http://www.ildugotaek.kr(韓国語)

部屋のタイプ : 韓室

規模 : 敷地約9917平方メートル、平屋

付帯施設(その他) : 舎廊チェ、奥の舎廊チェに個別シャワー室あり、舎廊チェ外部に男子トイレ2ヶ所あり




位置

慶尚南道 咸陽郡 池谷面 介坪キル50-13